女の人

保育士として働くには学校に通おう|優秀な人材になろう

資格を取得するには

女性

保育士の資格を取得するのであれば、まずは学校に通って色々な知識や技術をみにつける必要があります。独学での勉強には限界がありますから、保育士の資格を取得するためには学校に通うのがベストな選択と言えます。

もっと読む

子供好きの夢かないます

ウーマン

保育園で働くためには保育士の資格が必要です。保育士の資格を最短でとるには学校に行くことがお勧めです。卒業すると資格がもらえ、保育園実習先も探してくれます。学校の授業料負担を軽減する様々な支援制度があるので、色々な学校を比較検討し自分にあった所を選ぶことが大事です。

もっと読む

保育園で必要とされている

本と女性

保育士の仕事は求人が多く、子育てを経験している主婦でも活躍できます。資格を取るために学校へ行く必要がありますが、持っていて損はない資格になります。保育士が全国どこでも仕事ができますし、学校へ通っている途中でも、見習いとして雇ってくれる保育園もあります。

もっと読む

保育の専門家を雇う画策

エプロンをつけた女の人

人手不足の現状

現在、保育士の人材不足が社会問題となっています。国の政策として、保育所の増設は進んでいますが、肝心な保育士の人材が足りないのです。公立の施設でも私立の小規模保育所でも同じような状態が続いています。全国で採用予定数に満たない保育園が数多くあります。一部の保育園では、資格のない人のアルバイトの採用で急場を凌ぐこともあるといいます。しかし、これはあくまでも暫定的な措置で、有資格者の採用に力を入れるのは言うまでもないことです。保育士の有資格者の採用を進めるため、保育所の組合では、仕事にブランクのある人の再就職セミナーを行う所が増えてきました。仕事に不安のある人でも、安心して現場に復帰できるようなバックアップが始まっています。

潜在的な人材を発掘

保育士という職業は、1度現場を離れると、復帰が難しいとされています。保育の現場は日々変化しており、ブランクのある人には戻りにくい現状があるのです。仕事にブランクを持つ潜在保育士を採用できるようになって、人材不足が解消に向かっているという自治体もあります。保育士の有資格者は、毎年の新卒者の数十倍は存在するといわれています。このような資格を持つ人が、採用試験に応募してくれることで、保育の現場の人材不足は十分解決できる試算となります。保育士の積極的な採用が実現すれば、より多くの母親が働くことができ、日本の経済の活性化にも貢献することになります。保育士の採用に向けたプロジェクトは、まだ始まったばかりです。

学校に通う

保育士になるためには、学校に通う必要があります。専門資格を取得することによって優秀な保育士として認められるので、保育士を志している場合には学校に通いましょう。